従来型の古い買い取り方式の現金化

- 従来型の古い買い取り方式の現金化

従来型の古い買い取り方式の現金化

クレジットカードを現金化する方法で、人気があるのがクレジットカード現金化業者を利用する方法です。サービス内容は二つに区分されます。ひとつは今では非合法になってしまった古い方法と、もうひとつは最近の合法的に現金化できる方法です。今回は【従来型の古い買い取り方式の現金化】について迫ってみましょう。

商品を業者に買取をしてもらい現金化する方法

現金化業者が指定する換金率が高いギフトカード・商品券・新幹線回数券などの金券や、人気のがある家電商品をクレジットカードで購入してもらいます。その商品を業者に買取をしてもらい現金化する方法です。指定する商品は業者がきめてきます。業者が利益を出せる仕組みを持っていることが前提でできるビジネスモデルです。
この方法は金券類を転売することで現金化することになります。業者がリスクを負うことになります。だから、ショップに買取をしてもらうよりは換金率は下がりまが、まあまあの納得の金額で現金を手にできます。
非合法になってしまったのは、横領罪に問われる可能性があるからです。実際の利用者には逮捕者はでていません。ですが業者サイドはどんどん逮捕されています。買取スタイルで残っている業者は法律の目をかいくぐっている悪質業者/悪徳業者だと言えるでしょう。

利用者に逮捕者がでないのは何故?

全国的にも転売で利益を出している人があまりにも多いからです。現金化でお金を手にしている人も多いのです。法律面から見ても警察が本腰をあげていないことは、違法性がそれほど高いものではないのでしょう。ですが、いつ本腰をあげるか分かりません。立件逮捕できない案件ではないので注意しましょう。

いかがでしたでしょうか?

従来のこういった方法の買取方式はクレジットカード会社の利用規約にも抵触します。転売目的のクレジットカードの利用を禁止する項目に該当するからです。利用停止や一括完済措置などの制裁もあるようです。しかしながら、刑事事件性はないのでクレジットカード会社の裁量にまかせていることもあります。いずれにしてもグレーな部分が多いです。別ページでは最近のキャッシュバック方式のクレジットカード現金化について解説しています。

△PAGE TOP

Copyright(C)2016 ご存じでしょうか?大部分が疑問に思うクレジットカードを利用して現金を調達する方法 All Rights Reserved.