クレジットカード現金化のデメリット

- クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化のデメリット

巷で人気のクレジットカード現金化サービス。クレジットカードのキャッシング枠を利用するよりも金利が有利になるし、ショッピング枠は一般的にキャッシング枠よりも多いので、とても使い勝手が良いのです。ですが、デメリットの部分もあります。今回のテーマは【クレジットカード現金化のデメリット】を敢えてピックアップしてご紹介しましょう。

利用資格に制限があることです

まずは、クレジットカードを持っていなければなりません。そして、クレジットカードのショッピング枠が残っていることがあります。あまりクレジットカードを使って買い物をしないならば問題はありません。そして、業者から現金を振り込みしてもらう銀行口座を持っていることです。あとは、手続きに必要な情報をやりとりする方法があればOKです。つまり、電話番号があればいいということです。

悪質業者/悪徳業者が増えてきていることです

金融系のサービスであることから詐欺被害もゼロではありません。ですが、問題があればクレジットカードに対して決済をストップすることができます。実績があってクチコミ情報系サイトでも問題がない運営をしている業者を選べば問題ないでしょう。新参ではなくて10年以上の運営歴がある老舗のところを選べば還元率も高いですし、ノウハウもあります。

いかがでしたでしょうか?

クレジットカード現金化のデメリットといっても、この程度です。リピーターが多い業者を選んでおけばトラブルに遭遇することもないでしょう。メリットが確実に多いですから、現金化サービスを利用するのはアリでしょう。即日現金化してくれる業者もありますから、あれこれと気に揉むことはありません。不安ならば、一度少額の申し込みをしてみて様子を見てみることもいいでしょう。
問題があるようなビジネスをしている業者は長続きしません。今はTwitterやFacebookなどで悪い噂はすぐに拡散されます。そんな会社はどんどん駆逐されます。安心して利用できると思います。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
△PAGE TOP

Copyright(C)2016 ご存じでしょうか?大部分が疑問に思うクレジットカードを利用して現金を調達する方法 All Rights Reserved.