無断でクレジットカードを使われてしまったら?盗難・紛失した時の対処

- 無断でクレジットカードを使われてしまったら?盗難・紛失した時の対処

無断でクレジットカードを使われてしまったら?盗難・紛失した時の対処

カードの不正利用ほど恐ろしいものはありません

クレジットカードをめぐるトラブルの中で、もっとも恐ろしいものはカードの不正利用です。
何もしていないのに突然、何十万円ものお金を請求されたらたまりません。
こういう事態を防ぎたいなら、日頃から財布の中にカードをほったらかしにせず、定期的に確認しておきましょう。
そうすれば、カードの紛失などの異常事態にすぐ気がつくことが出来ます。
この時、もしあるべき所にカードがなかったら(つまり紛失したら)どうしたらいいのか、その対処法をこれから書かせて頂きます。

カードを紛失したらまずはカード会社に連絡しましょう

hyrftjnmuki6
カードがなくなった時にまずするべきこと、それはカード発行会社への連絡です。
基本的に、どこの会社でも紛失に関しては24時間対応してくれるので、まずそこに電話すればいいです。
カードが手元にないから電話番号がわからないという人は、パソコンやスマホで検索しましょう。
「自分の所有するカード名」と「紛失」や「問い合わせ」などの単語で検索すれば、すぐに問い合わせ先がわかります。
この連絡は1分1秒を争うので、紛失に気がついた時点ですぐに連絡しましょう。
そうすれば、会社側がすぐにカードを止めてくれますので、悪用される心配がなくなります。

カード会社だけでなく警察への連絡も必要です

カード会社に連絡した後やるべきことは、警察への連絡です。
これは、カードを盗まれた場合だけでなく、紛失した場合にも必要な手続きです。
緊急連絡である110番をする必要はありませんが、最寄りの警察署に行って事情を話し、紛失届を出しておきましょう。
この紛失届を出しておくと、後でカードの不正使用などのトラブルが判明した場合、「そのカードは紛失したものだから、それは不正利用だ」と主張できるので、必ず出しておかなくてはいけません。
カードを紛失したらカード会社に連絡してそれで終わりと考えている人がいますが、会社への連絡と警察への連絡は車の両輪なので、必ず両方行うようにしましょう。
それをすることで、不正利用に対処することが出来ます。
クレジットカードを紛失したままにすると、ショッピング枠を使った現金化といったことをされるかもしれません。

きちんと警察とカード会社に連絡しておけば不正利用も怖くありません

カードを紛失した際、すぐに会社への連絡と警察への盗難届を出しても、その前に(つまりカードを止める前に)不正利用されることがあります。
この場合カード所有者は、自分で使ってもいないカードの代金を払わなくてはいけないのでしょうか。
基本的に、不正利用の代金を所有者が払う必要はありません。
ただし、紛失がわかっても所有者が何もせず放置していたり、警察へ紛失届を出していない場合話が変わってきます。
この場合、所有者側に重い過失があるとして、不正使用の代金を払わせられる可能性があるので、それを避けるためにもカード紛失がわかった時点で会社と警察に連絡しましょう。

△PAGE TOP

Copyright(C)2016 クレジットカード現金化は違法?気になる現金化の基礎知識 All Rights Reserved.